オミコレ

全国のお土産の口コミ4968件を掲載中

menu

東京ばな奈

東京都
4.3
45

[ 味: 4.7 コスパ: 4.0 ボリューム: 4.2 デザイン性: 4.6 持ち運び: 4.3 賞味期限: 4.0 ]

1991年に発売されて以来、今では東京土産として確固たる地位を築きあげたと言える「東京ばな奈」。

黄色いパッケージでおなじみの「東京ばな奈」は、たっぷりのバナナカスタードクリームを、ふんわりとしたスポンジケーキで包んだ、飽きのこないおいしさです。

老若男女、誰にでも喜ばれる味ということでバナナが採用されたとのこと。
ふんわりやさしいスポンジ生地は、一旦焼いてから蒸すことでソフトな食感を出しているそうです。
クリームにはバナナを裏ごしにしたバナナピューレを使っているので、自然なバナナの風味が生きています。
冷蔵庫で冷やして食べるのもおすすめです。

定番のバナナカスタードクリームが入ったもののほか、新フレーバーも続々と登場しています。
その「ばな奈」シリーズは、どの商品にも「本物のバナナ」を入れているところにこだわりがあります。
クリーム、生地に混ぜ込むパウダー、コンフィチュール(ジャム)など、何らかの形で本物のバナナを加工したものを商品に入れているのだとか。
かわいいのに、このこだわり。
「風味」だけじゃ済まさないところがニクイです。

人々の心をとらえて話さない人気商品だけあって、いろいろ工夫が凝らされています。
すべての商品の包装紙の絵柄にはバナナが描かれていますが、その茎の部分のリボンがそれぞれ違います。
商品のコンセプトによって大きさや柄が決められているそうです。
どのパッケージも目を引いて、オトナ女子のハートもくすぐりますね。

お土産店では人だかりができるほど人気があるにもかかわらず、このお菓子に限ってはインターネットでの販売をせず、店頭販売のみとなっています。
生産するのにも数に限りがあり、わざわざ店頭に足を運んでくれたのに、品切れしていてはお客さんに申し訳ない、という製造元の思いが根底にあるからこそ。
だから「並んだ客さん優先」なんです。
なんだか誇らしい気持ちになりますね。

東京ばな奈 ランキング

関連コラム

  • 東京土産定番の「東京ばな奈「見ぃつけたっ」」

    バナナクリームを包んだふわふわのスポンジケーキ今や、東京の代表的なお土産の「東京ばな奈」は1992年に羽田空港で、1993年に東京駅キヨスクで発売されたのが始まり。バナナカスタードクリームをスポンジケーキで包んだバナナ型のお菓子です。オンラインショップでは購入できず、店舗でしか買えません。東京ばな奈を製造・販売している株式会社グレープストーンは、「銀のぶどう」「シュガーバターの木」「鎌倉五郎」「ねんりん家」も事業展開しています。いろいろな東京ばな奈 最新ははちみつバナナ味定番のバナナカスタードク...

東京ばな奈が買える場所

同じ県の定番お土産