オミコレ

全国のお土産の口コミ5711件を掲載中

menu
  • 淡路島の甘く柔らかい玉ねぎの「淡路たまねぎスープ」

    淡路島の気候と土壌が作った玉ねぎのスープ

    兵庫県淡路島の玄関口「淡路ハイウェイオアシス」の土産品1位は「淡路たまねぎスープ」。スープの素を150mlのお湯で溶かしフライドオニオンをかけるだけで、淡路島産玉ねぎのエキスがたっぷり入ったスープが完成。時間をかけて作る玉ねぎスープと変わらない味を簡単に楽しめます。

    淡路島の玉ねぎは、他産地の一般的な玉ねぎより約2倍柔らかで、ソテー時の全糖含有量は約4%甘く、辛味は6割程度。淡路島は、日照時間が長く、温暖な瀬戸内海式気候のため年間平均気温は約16℃。土壌は水はけが良く、玉ねぎに適した栄養素を含んでいます。

    9月に「晩生(おくて)」と言われる玉ねぎの種をまき、11~12月に田んぼに植え替えます。6月下旬に、玉ねぎの茎が倒れてから2週間畑で放置し十分に熟してから収穫。収穫した玉ねぎは「玉葱小屋」に吊るし、自然の風でゆっくり乾燥させると、甘味が一層増します。

    特に、10月に冷蔵保存し、水分が少し抜け糖度が上がった玉ねぎは「甘玉」と呼ばれます。太陽と大地とたっぷりの時間のおかげで、淡路島の玉ねぎは甘く柔らかくなります。

    飲むだけでなく、味付け、隠し味にも

    そのままスープとして飲むだけではなく、料理の隠し味としても利用できます。淡路島の玉ねぎを丸ごと入れた“丸ごと玉ねぎスープ”や、パン、卵、チーズを使って“オニオングラタンスープ”も簡単に作れます。

    10袋入り500円、賞味期限は製造日より6ヵ月。「たまねぎスープカレー味」、飴色のオニオンソテーが付いた「たまねぎスーププレミアム」、「たまねぎスープはるさめ」も販売されています。

    (画像は淡路ハイウェイオアシスHPより)


    ▼外部リンク

    淡路ハイウェイオアシス
    http://www.awajishimahighwayoasis.com/shopping/soup.html

  • 淡路たまねぎスープ
    4.5
    3件

    [ 味: 5.0 コスパ: 4.7 ボリューム: 4.0 デザイン性: 3.7 持ち運び: 4.7 賞味期限: 4.7 ]

    # ry933さん
    (女性)
    くせになる味

    淡路島といえば玉ねぎ。その玉ねぎの旨味がたっぷり詰まったスープです。玉ねぎの香りとほど良い塩加減がたまりません。お湯を注ぐだけの手軽さもあり、時間があれば実際に玉ねぎをクタクタに煮て、その味付けとして使用することもできます。添付されているフライドオニオンもアクセントになって飽きさせません。

    4.5

    貰った 旅行・観光のお土産(会社・取引先)

最新コラム